プラリュリーヌ

プラリュリーヌ


オーギュスト・プラリュが プラリヌを混ぜ込んだブリオッシュ をプラリュ店のショーケースに 陳列したのは、ある晴れた朝の ことでした。1955年のこの運命の日 から、プラリュリーヌはプラリュ店 のショーケースで特別な位置を 占めるようになりました。 イミテーションは多くても、 オリジナルに勝るものは 今だかつてありません!


土曜日には、880個の プラリュリーヌを売ることすら あります!

La Praluline de la Maison Pralus à Roanne.

バレンシア地方のアーモンド、ピエモンテ地方の バラ色のクラッシュヘーゼルナッツが盛り込まれ、自家製プラリネがさん然と光輝く高級ブリオッシュ 「プラリュリーヌ」は世界中の顧客に向けて 発送されています(アメリカ合衆国、 日本、スウェーデンなど)。プラリュリーヌはメゾン・プラリュの花形商品 であえい、ロアンヌ地方で製造されるガストロノミ 製品のノウハウを代表する存在となりました。


「バターとバラ色のプラリネをふんだん に使った、すばらしいブリオッシュ」 とは、ジル・ピュドロウスキが言った 言葉です。プラリュリーヌは地元で評判を 得るだけにとどまらず、プラリュス全店舗 で花形商品としてのゆるぎない評価を獲得 しています(アヌシー、シャリュリュー 以下全店舗)。

La Praluline de François Pralus.

50周年を記念して、プラリュリーヌに姉妹バージョンが お目見えすることになりました。その名もプラリュジンヌ。 2005年に50周年記念を祝ったトロペジェンヌの 従姉妹バージョンです。プラリュジエンヌは、 プラリュリーヌにおいしいマダガスカルのバニラ風味 生クリームを混ぜ合わせたブリオッシュです。

La Praluline  - Brioche aux pralines.
© Chocolat Pralus 2017 - T&C - Privacy and policy - Réalisation : Andromédia